シックスシグマ」カテゴリーアーカイブ

2017.11.10 OPEX セミナー第三回を開催します! Mark your calendar!


ファームテク広告20170805JPEG

バレオコンOPEXセミナーを来る11月10日(金),AP東京八重洲通りで開催いたします。

今回のテーマは、

インダストリー4.0時代の展望医薬品・医療機器業界におけるOPEXの今後

2015年の第1回「規制・製造・生産性向上ー様々な変革に必要なマネジメントシステム」、2016年に「医薬品・医療機器業界におけるOPEXの取り組みーリーンシックスシグマ,トヨタ式,5S等,方法論を超えてー」で好評を博した、OPEXセミナーもいよいよ第3回目を迎えます。今年のテーマはIT, IoT。

IoT=最新の技術や情報システム導入に色めきたつ現在、真の価値を生み出すためにOPEXがシステム設計や構築に大きな効果を発揮する、とバレオコンは確信します。医薬品製造プロセスの多目的設計に関する研究で注目を集める杉山准教授、そして、インダストリー4.0時代のIT戦略をグローバルに推進するラース・ゴズウィック氏をドイツよりお招きし、国内外のデータで検証し、近未来の動向を予測します。

 製薬・医療機器関連企業等で研究開発・製造部門や品質管理部門に携わる方を中心に業務上の具体的な課題の解決をしたい方への解決の糸口をともに導き出します。

チラシPDFはこちらから)(Flyer-English Versionはこちらから

また、今回の開催に合わせ、OPEXの現場に携わる当事者の情報共有と交流のためのネットワーク構築を近く予定しております。

日時:2017年11月10日(金)13:00-17:30

会場:AP東京八重洲通り

参加費:個人参加 20,000円/法人にて参加 10,000円(お一人様につき)(ともに税別)

お申込み:info-japan@valeocon.com 宛にメール件名を「OPEXセミナー参加希望」とし、お名前、ご所属企業/団体名、参加人数、お電話番号をご明記の上、送信ください。折返し、参加手続きをご案内いたします。

お問合わせは、バレオコンマネジメントコンサルティングTel 03-6755-8900, E-mail info-japan@valeocon.com(担当:松山)

 

 

 

シックスシグマ(OPEX)

シックスシグマは日本では誤解されています。

すでに10年と少し前、GEのジャック・ウェルチ会長(当時)が健在だった頃、シックスシグマはGEにより一時脚光を浴びました。しかし、その後GE以外のグローバル企業がGEを必死にベンチマークしながら、自分たちに合わせた方法論として必死に内在化させる中、多くの日本企業はシックスシグマについて誤ったステレオタイプ化をして、「使えない」「時間をかけすぎる」「統計過多」という誤解をもったまま今日に至っているといえるでしょう。

一時期は書店の本棚を賑わしたシックスシグマも日本企業の間でのブームは去ってしまいましたが、グローバルでは意外な形で進化を進めます。それが、トヨタを始めとする競争力のある日本企業をベンチマークして作られた「リーンシグマ」の登場です。ところが、日本企業はこのリーンについてもさほどの関心を示しませんでした。

シックスシグマにおける誤解の悲しさは、ツールや方法論が「当たり前」に見えるところです。しかし、当たり前で「知っている」というのと、「知っているけど、しっかり応用して使ったことはない」というのでは大違いです。

グローバル企業では、シックスシグマもリーンもしっかり研究し、実地訓練さながらのトレーニングにしっかり取り組みながら、実践のビジネスで活用して成果を上げるために時間を使いました。その間日本企業は、自分たちの品質や仕事の進め方には間違いはないと信じて何もしてこなかった、と言っても過言ではありません。

今日、シックスシグマ、リーンシグマはOPEX(オペレーショナル・エクセレンス)=「業務の高度化」という至極当然に取り組むべき活動として、数多くのグローバル企業に採用されています。本社を中心に方法論を洗練させ、グローバルにその会社固有の方法論として高めた内容をトレーニングするだけでなく、戦略の実行につながるプロジェクトに適応させ、成果を上げると同時に、組織横断的な課題を解決できるリーダーを多数育成しています。

現在ではシックスシグマはISOの標準的方法論としても認定され、特に製薬・医療機器の業界に大きな影響力を持つICHの10、9では品質管理の標準的な方法論として推奨されるに至りました。

あらためて、問題を定義し、測定し、見える化して、その根本要因を分析し、絞った根本要因に対してリスクを考えながらも改善策を立て、実施して、その結果を管理・定着させるという当たり前の仕事の進め方、DMAICを正しく導入することが必要です。

バレオコンは、グローバル企業の本社と、DMAICという基本を抑えつつ製薬業界・医療機器業界を始めとする業界ニーズを踏まえながら、方法論としての自社化を進め、全世界に展開する支援をしています。