セミナー」カテゴリーアーカイブ

慶應義塾大学 HRM研究会 Weekend Seminarで発表

週末の5月19日、太田信之は慶應義塾大学HRM研究会に参加、「日系グローバル企業&外資系企業のHRM」というテーマのもと、買収と企業文化についての発表を行いました。HRM(ヒューマン・リソース・マネジメント)研究会の発足は1985年。以来、20余年、大学内の活動とはいえ、研究者や大学院生のみならず、企業の人事担当者、経営者、シンクタンクの研究員など、数多くの実務家がメンバーとして参加し、研究者と実務家との交流が積極的に行われているそうです。この日も名だたる高名な先生方の前で、いつになく緊張感漂う発表だった模様です。

海外の売上高が日本を超えた。その時、オペレーションと組織、人財をどうすべきか? @ HRカンファレンス2018春

「日本の人事部 HRカンファレンス2018春」に登壇します。 (5月15日(火)13:00-15:00 大手町サンケイホール) タイトルのようになる前に、狭い意味での「人事」の枠組を越え、コンセプトよりも具体的に何をするのか?が大事です。 打ち手「what」だけでなく、人財・組織開発を含めて打ち手をどう打つか「how」に焦点を当て、さらに企業や事業の存在目的の確認(Why)から、その実現のためにバリューチェーン全般に潜む成長への機会(How)を見つけ、具体的に実践する(What)考え方をご紹介します。 おかげさまで無事満席フラグが立ったようですが、当日のお席はあるかもしれませんので事務局へお問い合わせください。(事務局リンクはこちら) それでは、会場でお会いしましょう。 こちらからインタビュー記事をどうぞ。 http://hr-conference.jp/201805/interview_detl.php?anc=WS4