リーダーシップ研修」カテゴリーアーカイブ

グローバルリーダー育成

バレオコンのサービスは、究極的には全て「グローバルに成果を上げ続けられるリーダー」の育成に向かっていると言えるでしょう。それにはロジカルシンキングやフレーム思考だけでなく、心技体が備わっていることが必要です。

心:リーダーとしての心構え、あるべき姿
技:分析スキルやフレームワークなど、MBAコンテンツを実際に使いこなすスキル
体:ファシリテーション、チェンジマネジメントなど組織を巻き込み変革を推し進めていくこと

バレオコンは、この3つのバランスをとりながら、人材のポートフォリオを構築し、タレントを育成する仕組みも取り入れつつプログラムを設計します。

日本企業という同質性の高い企業の中で、必要な設計上の注意点、進め方のコツ、各社・各業界の置かれている環境要因や今後のシナリオに応じて、

  • 阿吽(あ・うん)の呼吸で業務を進めることに卓越するだけでなく、状況に応じてスピードも変幻自在に意思決定する。
  • 全く違う視点から意見を言ったりチャレンジしてくるメンバーの良い所を引き出し、まとめながら前に進める。
  • 時には自分の上司をはるかに超えた役員層にも直言できるような覚悟を持って業務成果を出し、さらには、関わる周囲の人々をもレベルアップさせる。

こうした次世代のグローバルリーダーの育成に取り組みます。

 

 

 

 

 

 

業務遂行力

Getting things done

クライアントの要望:
「実行」カルチャーの醸成が必要だ
変革と結果への説明責任を組織全般に根付かせたい
down arrow
アプローチ:
事業上の重要課題を材料にしたビジネスアジェンダの見直し
上層部対象のワークショップの開示
全階層を対象としたコーチング(スポンサー、リーダー、チームの一般社員)
ファシリテーターの役割定義
down arrow
結果:
変革志向リーダーシップが根付いた
事業上の重要課題に即効性を発揮した
500人以上がプロジェクトに参加した

 

お客様の声:Text6