10月30日セミナーのスピーカーをご紹介します

Seminar Speaker4

今回のセミナーは、国内外のOPEXに精通した顔ぶれが揃いました。「医薬品・医療機器業界のオペレーショナルエクセレンス」を語っていただく第一人者たちの横顔をご紹介します。(セミナー詳細・お申込み方法はこちらから

SPEAKERS(写真左より)————————————————————————

■飯室 淳史氏(GEヘルスケア・ジャパン(株) 執行役員ライフサイエンス統括本部長 )

ファルマシア・ジャパン(株)に入社、以降は英国アマシャムによる同社買収に続き、GEヘルスケアに買収される等、の中でも企業文化を変革し、徹底した生涯顧客戦略を推進し、一貫してバイオテクノロジー業界での経験と成果を積み重ねてきた。OPEXの本質は、方法論だけでなく文化・リーダーシップなどソフト面の基盤にあることを文字通り体現する。

■カルメン・ドラン(バレオコンマネジメントコンサルティング シニア・コンサルタント)

グローバルメガファーマ本社戦略部門及びグローバルOPEXチームにてリーダーを務める。OPEXは、シンガポールに赴任し、アジアでのOPEX展開の全企画及び担当者の採用から責任者として実行。本年よりバレオコンに籍を移し、グローバルなライフサイエンス企業のOPEX及びイノベーションの実行コンサルティングを行う。ニュージーランドを拠点とする。

■井口幸人氏 (テバ製薬(株)生産本部 高山OPEX部部長)

GEヘルスケアにて、OPEXを実践。その後外資系医療機器メーカーでのOPEX室長を経て、現職。グローバルトップジェネリックメーカーにおいて、更なる生産性と品質・安全の向上を目指す。

■佐藤 剛氏 (武田薬品工業(株)OPEXディレクター)

武田薬品の日本国内工場において、従来から実践しているボトムアップ型改善活動と、グローバル展開されているトップダウンの活動を組み合わせ、新たな高みを目指すOPEX導入を実践している。