バレオコンマネジメントコンサルティング
  • HOME »
  • バレオコンとは

「バレオ」という単語にはラテン語に由来する「元気」という意味がある。「コン」は「一緒に」という意味を持ち、二つの単語を組み合わせてクライアントと共に元気になろうという意図が「バレオコン」という社名に込められている。

多くのコンサルタントは、「こうあるべき」という答えを出すことが仕事だと思っている。そのために膨大な資料の作成を行い、提案をしてクライアントを説得する。バレオコンの仕事の進め方はそのスタイルとは全く異なる。

クライアントが納得出来ないものは企業の中では実行に移されない。実行されないものは価値を産まない。

クライアントを中心とした取組みを立ち上げ、クライアントと共に考え、議論し、創り上げる。その実行と定着まで、常にクライアントが主役である。バレオコンは伴走者であり、議論のパートナーであり、背中を押す役割に徹する。すると、クライアントの中で納得性が高まる。

この進め方でよい結果が出始めると面白いことが起こる。一つは、中心となる人財のリーダーシップが高まることだ。その影響でチーム力も向上する。最終的に、戦略を立てる力、実行力の両方が上がる。全社で取り組んでいれば、企業風土そのものに、すでに変化が起きている。

組織や仕事の進め方の改革、リーダーシップの構築は企業活動の目的ではない。手段だ。企業の真の目的は、企業の外にある顧客、市場や世界に向けての価値の提供だ。

わたしたちは、この企業活動の目的に沿って、活性化された人財と組織をクライアントと共に創り、より多くの価値が出せるように仕事の進め方を変革する。結果、クライアント企業の価値が上がる。これがバレオコンの提供する価値だ。

グローバルに共通の価値観を持った、約150名の”バレオコン”コンサルタントが、日々クライアントの支援に真摯に向き合っている。クライアントと共に自分自身が成長する過程そのものに生きがいを感じながら。

バレオコンマネジメントコンサルティング

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.